FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色とりどり

着物の小物類を整理していたら、いつの間にか自分の周りに色とりどりの布が広がっていました。

襦袢、半襟、帯揚げなど、一つ一つがとても色鮮やかで素敵。

これらは主役を引き立てる脇役、または見えない部分のお洒落、になる訳ですが、メインに見せたくなる位の華やかさ。





古い襦袢





上は現代物のポリエステル地・下はアンティークの端切れ。

帯揚げなどに





現代物のポリエステル地。帯揚げや半襟などに

下の布には蓄音機や懐中時計・ドロップなどがプリントされています。





刺繍半襟




こうした一つ一つの小さな素敵を集めて、とっておきのお洒落を作るのが着物の楽しさ、醍醐味かも知れないと布達を眺めながら思いました。

特に襦袢や羽織り裏など、見えない部分こそ無駄に華やか!豪華!だったりするのがとても日本人らしいですよね。





柄on柄のコーディネイトが好きなので足元はシンプルに白足袋にする事が多いのですが、冬は別珍の色足袋を。祖母に貰った2足を愛用しています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Adel

Author:Adel

マイペースに活動中。
創作人形(球体関節人形)ドレスのオーダー制作も行っています。

*****

御用の方はコメント欄、もしくは下記メールアドレスにご連絡下さい。
コメントは承認機能を利用しています
ruban_de_coppelia☆yahoo.co.jp (☆→@)

sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。