FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岸涼子 『パエトーン』

昨日は沢山の友人と、そのお友達の方々と、皆でにぎやかに楽しくお花見をして来ました。
「こんな時だからこそ華やかに!」と、気持ちの清々しい乙女達が集結した会となり、参加させて頂けて本当に良かったです。元気と笑顔と癒しを得て、心が温かくなりました。
とても素敵な場所に出掛けましたので、この会の事は後程ゆっくりと記したいと思います。

本日の記事は別のお話をメインにします。

今回の原発問題が起こり、多くの方が疑問や不安をお持ちの事と思います。
私自身に当てはめて言えば、まず[発電]という仕組み自体に無知であり、今回危険な状態に陥っている[原子力発電]という方法も、「正直詳しい事は全く解からない」というような状況でした。
ただ、風力・火力・水力・太陽光と発電には様々な選択肢があるにも関わらず、人類にとって大変危険な物質が発生する[原子力]を活用しようとしている事には、この事故が起こる前から疑問を感じていました。
どうしてこんなリスクの高い方法を推し進めているのか、と。

そんな中、山岸涼子さんの『パエトーン』という作品を読みました。(現在【潮出版社無料WEBコミック】にて特別公開されています)
多くの方にこの作品を読んで頂きたいと思うので、ご紹介させて頂きます。

現在、福島原発にて作業に従事して下さっている方々には、心から感謝しています。
どうかご無事で。ご家族の元に笑顔で戻られますように。
これ以上、悲しみが続きませんように。

http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html
paetone_tobira.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Adel

Author:Adel

マイペースに活動中。
創作人形(球体関節人形)ドレスのオーダー制作も行っています。

*****

御用の方はコメント欄、もしくは下記メールアドレスにご連絡下さい。
コメントは承認機能を利用しています
ruban_de_coppelia☆yahoo.co.jp (☆→@)

sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。